logo

 過去の検索履歴


2022/12/05 02:03:15 は正規表現[{ "Logging": { "LogLevel": { "Default": "Information", "Microsoft": "Warning", "Microsoft.Hosting.Lifetime": "Information" } }, "AllowedHosts": "*", "ConnectionStrings": { "DefaultConnection": "Data Source=IMTransferPC;Initial Catalog=ProductionControl;Integrated Security=SSPI;Connect Timeout=30;Encrypt=False;TrustServerCertificate=False;ApplicationIntent=ReadWrite;MultiSubnetFailover=False" }, "JsonExportDirectory": "D:\\Job\\Json_temp", "JsonCopyDirectory": "D:\\Job\\Output_Json"}]のjson文法をチェックしました
2022/12/04 06:51:24 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "内なる龍神は輝いています。あなたの龍が輝いているのを目をつぶって感じてみてください。
あなたが輝きを放つ時がきています。
いままで隠れていた輝きが、しずかな宝石のような煌めきに、あるいは太陽のような眩さをつけはじめてきています。
まわりの人はそれを感じて、集まってくるでしょう。

深呼吸をしてみてください。
吸い込んだ空気が体内で輝きに変わり、それを吐き出すことで
世界が眩いゴールドになるのを想像してみてください。
あなたはゴールドを生み出す人です。", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "一歩、下がってください。
下がって、後方から龍神のもつ広い視点で世界を見渡してみてください。あなたを必要としている人はそこに見つかりますか?

龍神は人の後ろからサポートします。
龍神のように、あなたのお好きな人や、関わりのある人を後ろからサポートしてみてはいかがですか?
あなたの助けを求めている人がいます。その人たちの声を聞いてみてください。助けを上から手をさしのべるより、下から押してあげてください。「できるよ」「だいじょうぶだよ」と安心させてあげるだけであってもよいのです。
義務からでなく、思いやりから動いてみてください。
やがて、そこに何かを発見します。

前に進みたければ、後ろに退いてください。
世界はすべて逆にできていますから。", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "あなたがほしかったもの、出会いたかった人、待ち望んできたものがやってきます。自分の欲求に見合うものが見つかりしあわせな気分で満たされようとしています。

調和のとれた心はさらに調和のとれた世界を作り出します。
わたしたちを取り巻く世界は、わたしたちです。
わたしたちが作り出した世界は、わたしたちそのものです。
それに幸せを感じるとき、調和を感じます。
ではその世界に幸せを、調和を感じられないときは、変えていけばいいのです。

内側から龍神は囁きます。その声を聞いてください。
龍神が送る閃きをうけとってみてください。
内なる声に同調して、世界を変えてみてください。", "CardFace": "card_27.png" }, { "TitleEN": "TEACH", "TitleJP": "教える", "Message": "学んできたもの誰かに教えてみてはいかがですか?
あるいは、逆に習いにいっても良いかもしれません。

教える、教わることを通じてコミュニティができ、出会いが生まれて
新しい経験が入ってきます。
人に教えることは同時に教わることです。
好きなことを学び始める。あるいは経験や知識を人と共有して学びを広める。こうしていくことで、あなたの龍神は人と人をつなげていき、共有する人の輪も次第に広がっていくでしょう。

龍神はもっている知識や経験をおしみなく共有する人をサポートします。", "CardFace": "card_30.png" }, { "TitleEN": "EXPRESS", "TitleJP": "表現する", "Message": "龍神には様々な色があります。
白もいれば、黒もいます。銀や金、虹色の龍神さえも。
わたしたちにはそれぞれに個性があり、特徴としての色があります。
表現はなにもクリエイティブに限ったことではありません。
日常の家事や、会社の仕事、それぞれの行いにおいて自分という個性を表現してみてください。自分が何を表現したらよいのかわからないなら、まずは自分の中の龍神にたずねてみてください。
自分なりのやり方で好きなように表現をしてみるのです。
表現はさらなる次の表現を生み、やがて人を巻き込んでより大きな表現になっていくでしょう。
わたしたちが何かを表現したら、それを見る人がいて
それから恩恵を受けたり、触発されて何かを始める人がいたり、
表現への情熱の火は人に簡単に伝染していきます。", "CardFace": "card_04.png" }, { "TitleEN": "CREATIVE", "TitleJP": "クリエイティブ", "Message": "ルーティンに飽きていませんか?
もし日常に飽きているのなら、心が求めるものに従い、何かをはじめてみてください。
それはなんでもよいです。何かの創作でも、アイデアでも。思いついたもの、好きなものを自由に創ってみてください。
わたしたちは何か好きなものを創り出すことで、エネルギーがあがります。エネルギーがあがることでまた新しい経験を作り出します。
龍神のような自由な心で、好きなものを発想してアイデアを出してみましょう。

いつもと違う日課をつくってください。
いつもと違う道を歩いてみてください。
だれもが行う予定調和を壊してください。
龍神は人の目を気にせず、失敗を恐れずに勇敢に挑戦する人。
クリエイティブな人が大好きです。

創りたいなら、まずは壊してください。
創れないのなら、目の前のものを壊しましょう。
壊す喜びから感じてみてください。", "CardFace": "card_02.png" }, { "TitleEN": "BROAD PERSPECTIVE", "TitleJP": "広い視野", "Message": "わたしたちの視野はひとりひとり違います。
同じ道を歩いていても、見えてくるものが異なるように
ひとそれぞれが興味を向けるもの次第で、同じ世界も違ってみえてきます。

視野を広げる時がきていると龍神が伝えています。
普段みている世界を違った角度から捉えてみてください。
いつも見る光景に、新しい視点を入れてみてください。
そこには発見があり、その発見は新たな経験を生み出します。

龍神の背中に乗って俯瞰してみてもいいですし、それでも見えてこなければ、龍神と一緒に空まで上がってみてください。
制約のない自由な視点をつかんでください。

龍神は視野の拡大をサポートします。", "CardFace": "card_28.png" }, { "TitleEN": "BREAK THROUGH", "TitleJP": "現状打破", "Message": "あなたは古代からある洞窟で彷徨っていました。
そこにやがて強烈な光が差し込みます。龍神が発するのまばゆい閃光です。

停滞していたもの、迷走していたもの、長きに渡って答えがでなかったものに、暗闇にさしこむ閃光のように、まもなく解答が訪れます。
あなたはその光が眩すぎて、はじめ目がくらむほどです。

光の指す方向へ向かってください。
光ある場所に、新たな展開が待っています。

一つの答え、一つのアイデア、たった一つのきっかけからすべてが始まります。
視界から隠れていたものが姿を現し、すべてを一瞬で変えるできごとを経験するでしょう。", "CardFace": "card_25.png" }, { "TitleEN": "TRANSFORMATION", "TitleJP": "変容", "Message": "龍神も成長すると身体や心、神格も変わります。
わたしたちも同じです。
わたしたちの体の細胞は常に新しいものに入れ替わっています。
では、心はどうでしょうか?
わたしたちだけでなく、自然も、地球もつねに変わっています。変わらないものはこの世に存在しません。
わたしたちは自分が変わることを受け入れるとき、やがて新しい自分や、それに伴う人や出来事が現れてくるでしょう。
形から形へ、心から心へ、成長から成長へ。
生きることは変わること。変わることを受け入れること。

「変わることを恐れるな」と
龍神が伝えています。", "CardFace": "card_33.png" }, { "TitleEN": "LEADERSHIP", "TitleJP": "リーダーシップ", "Message": "非常に強い力をもつ龍神があなたを導いています。
人の前に立つ時がきたと、龍神が告げています。
安心してください。あなたはそれができます。
あなたのリーダーシップが開花します!

自信をもってください。
自信を強くもち、柔軟に人の声に耳を傾けてください。
愛情をもって接してあげてください。
率いるのでなく、追従してください。
人は自分に関心を向けてくれる人についていきます。
人に対して忍耐をもつこと。
人を愛すること。
全体をみること。

龍神のように隠れたところから人を導きます。
真のリーダーは、その存在すら人から気づかれないのです。", "CardFace": "card_01.png" }, { "TitleEN": "CHANCE", "TitleJP": "チャンス", "Message": "おめでとうございます!
龍神の片手にはチャンスという玉が握られています。
それはあなたのためのものです。それを受け取ってください。
あなたが長く待ち望んだチャンスを龍神が運んできたのです。

それを、強く握りしめて太陽にかざしてみてください。
七色の暖かくやさしい光があなたを包みます。

歓喜の雄叫びをあげてもいいのです!
こどものように無邪気に喜びを爆発させてみましょう。
そうしたら、まわりの人にもそのエネルギーが伝わります。
それはあなたを見守る龍神にも届くでしょう。

龍神は喜ぶ人にさらなるチャンスを運んできます。", "CardFace": "card_17.png" }, { "TitleEN": "NEW BEGINING", "TitleJP": "新たな始まり", "Message": "あなたはいま月に照らされて、夜明け前の闇がもっとも深い時にいます。
前方のひらけた空の闇が次第にブルーに変わり始めています。
歩みを進めるうちに光は大きくなり、まもなく
強烈な太陽の光がとどきはじめるはずです。
新しい始まりがきました。
龍神とともに夜明けを迎えてください。

それはあなたが経験したことのない新たな章の始まりです。
新たな章でのキーパーソンとの出会いがあるかもしれません。
お祝いしてください。
歌を歌ってください。
太鼓を打ち鳴らして、踊り出してください。

闇の深さだけ、光は強いです。
何かの終わりは、かならず始まりの種を内包しています。", "CardFace": "card_31.png" }, { "TitleEN": "NURTURE", "TitleJP": "育成", "Message": "龍神が人を育てるように、
あなたはこれから何かを育てようとしているのかもしれません。

あなたには本来備わっているものごとを育成する能力があります。
人や物事が成長していくには、それを育んでいくことが必要です。
この世には始める力、終わらせる力だけでなく、始めたことを育てる力が存在します。
種を植えたのであれば、水をあげ、光にあててあげてください。
生命の声を聞き、求める方向にしたがって育ててあげること。
わたしたちは育てるプロセスを楽しみ、育てあげた成果から多くの喜びや癒しを享受できます。
育成を楽しんでみてください。", "CardFace": "card_08.png" }, { "TitleEN": "PROGRESS", "TitleJP": "進展", "Message": "龍神はやさしく猛々しい追い風を送っていますよ。
その風に乗ってみてください。
遠くまで進んでみましょう。

長く計画していたもの、滞っていたもの、返答がこなかったものに
答えが訪れようとしています。
前へ進むときが来ました。
近い将来、あなたはいまの地点にはいません。
そこから遠く離れ先に向かっています。

いまは、これから訪れる大きな進展を前に
お祝いしてみてはいかがでしょうか。", "CardFace": "card_24.png" }, { "TitleEN": "RESOLUTION", "TitleJP": "覚悟", "Message": "覚悟を決めてください。
後ろを振り返らず前に向かうこと、
最後までやり抜く覚悟を決めて実行してください。
覚悟の深さが深ければ深いほど、わたしたちはそれを前進力へ変えていけます。

あなたがやろうと決めたそれは、できます。
あとはやり抜く覚悟をきめ、続ける覚悟を決めてください。
後を振り返らないでください。
覚悟を決めたとき、龍神が動き出し、
決めたことの実現のために必要なサポートがくるでしょう。

それをやると宣言してください。
退路をたち、恐れを解き放ってください。", "CardFace": "card_16.png" }, { "TitleEN": "ENCOUNTER", "TitleJP": "偶然の出会い", "Message": "予期していなかった偶然の出会いまもなく訪れると龍神が言っています。
実際は「偶然」というものはありません。
すべてが必然であり、わたしたちの思考がそれを引き起こしました。

なにかを考えていたことがまさにそのタイミングでおこるような体験をしたことはありませんか?
シンクロニシティはつねにおこっています。それはわたしたちがどれだけそれに気づけるかにかかっています。
わたしたちが作り出す現実はすべて思考からはじまります。その思考を現実として受け取るまでに時間がかかりますがそれは確実におとずれます。
龍神は人と人をつながりをサポートします。
この偶然のつながりは人であり、物であり、何かの出来事かもしれません。この縁を通じて新しい経験が待っています。
どんなものとの出会いなのか、楽しみにしていてください。", "CardFace": "card_21.png" }, { "TitleEN": "LOOKING FORWARD", "TitleJP": "楽しみに待つ", "Message": "あなたは何かの種を植えました。
それはいま着実に地中の中で育ちはじめています。芽吹きはもうすぐです!
長く求めていたものが形になりはじめています。時間が経つにつれて想像していたもの、期待をしていたものが明確に現れはじめてくるでしょう。
今は結果を期待して、楽しみに待っていてください。現実化への恐れや不安を解き放ち、望む結果に集中してみてください。
それがあたかも手にしたものであるかのように、想像をしてみることで望むものがより早く現実化するでしょう。

もし恐れがあるのなら、内なる龍神に助けをかりてください。", "CardFace": "card_29.png" }, { "TitleEN": "PLAY", "TitleJP": "遊ぶ", "Message": "こどもは遊ぶことが大好きです。
そして多くのことを遊びから学んでいます。
では、わたしたち大人はどうでしょうか?
もちろん大人でさえも遊ぶことがきらいな人はいません。
それが仕事であっても没頭できれば、遊ぶときの感覚と近い気持ちのよい充実感を感じることができます。
没頭してください。
好きなものを考えてみてください。
依然やりかけたもの、あきらめたもの、もういちど始めてみるのも
面白いのかもしれません。

好きなものが見つからないのであれば
内側にいる龍神に聞いてみてください。
静かな声のガイドは常にとどいているはずですから。", "CardFace": "card_23.png" }, { "TitleEN": "subconscious", "TitleJP": "潜在意識", "Message": "あなたはまだ気づいていません。
ただし、気づいていないだけで外界からのサインを受け止めはじめています。
あなたの意識の深いところから、光があがってきています。
それを見つめてみてください。喧騒から離れて、しずかな環境で瞑想もいいかもしれません。
その光はガイドであり、ヒントとなります。
その可能性としての光がやがて、日中の強烈な太陽光のように輝いてくるまで。

蓋を取る時がきています。
それは過去にあなたが一度開けかけた蓋からもしれません。
何かの理由で閉じたものかもしれません。
蓋をとることはかんたんですよ。可能性はつねに下から光を投げかけていますから。

その可能性は、あなたをさらに上へと押し上げる光となります。", "CardFace": "card_12.png" }, { "TitleEN": "BIRTH", "TitleJP": "誕生", "Message": "何かが生まれようとしています。
近いうちに新しい人、新しい出来事、新しい何かが生まれようとしています。そして、龍神がたずねています。
「あなたはこれに気づいていますか?」

それを通じて、新しい自分の人格が生まれるのかもしれません。
新しい「誕生」を楽しみに受けとめてください。祝ってください。
わたしたちが年1度に祝う誕生日は、経験を重ねて成長をとげたことへのお祝いです。古い自分を、いらなくなった物や人間関係に執着せずに、前に進んで行ってみてください。

新しい何かを生みたいですか?
では、まずは先に解き放ってみましょう。", "CardFace": "card_15.png" }, { "TitleEN": "SELECT", "TitleJP": "選択", "Message": "あなたは迷います。
目の前にはいくつかの選択肢が並べられているからです。

どの選択をとっても、そこには学びと異なる経験が待っています。
もし選択肢に迷うようであれば、自分の感情と思考をつかい、身体が反応するものに向かっていってください。

わたしたちはときに選択に迷います。
外界からの雑音、人の助言、私たちの思考、未来の不安、過去のトラウマ。声は限りなく多くわたしたちを惑わせます。

すべて捨ててみてください。この際、諦めてみましょう。
つぎに、自問してみてください。
「わたしが本当にやりたいものは何か?」

「自分自身」を生きてください。
失敗をおそれずに、何かをシンプルに選びとってやってみましょう。
間違ったと思えば、やり直して引き返せばいいんです。
仮に道を踏みはずしたとしても、
そこで得るものはないのでしょうか?", "CardFace": "card_36.png" }, { "TitleEN": "ENTHUSIASM", "TitleJP": "情熱", "Message": "あなたには情熱を傾けるものがありますか?
あなたのその情熱は、どれくらいですか?

情熱は、集中力を高める原動力です。そしてその熱は高まれば高まるほど、それに触れる人を熱く鼓舞していきます。あなたの中の情熱の元がなんであれ、太陽の熱と光が何光年先からもしっかり地球に届くように、強い情熱は人から人へその輝きと熱を伝えていきます。情熱が炎のように高まったとき、あなたの視界が及ばない遠くからでさえも、目立つような強い光と熱になるでしょう。

あなたの内側に感じる激しく燃えるものを見つめてみてください。
それははじめは種火かもしれません。
あるいは煙程度の微かな熱量かもしれません。
それは育ちます。それをあたため、風を入れ、薪を焚べてみてください。

隠れる時間は終わりました。
あなたの存在をこの世に知らしめてください。
龍神はあなたの情熱を世界へと運んでくれるでしょう。", "CardFace": "card_05.png" }, { "TitleEN": "CONTRIBUTION", "TitleJP": "貢献", "Message": "わたしたちの幸せとは、いわば貢献次第です。
人が喜んでもらう、笑顔になってもらう、笑ってもらうことで幸せを感じます。
何かに貢献することは与えられた側だけでなく、与える側にも喜びを生み出します。
打算的になりすぎずに、貢献したい気持ちから
動いてみるのもいいかもしれません。

自分にしかできないもので貢献したときに
世界はたくさんの豊かさを、その人にもたらします。

龍神が聞いています。
「あなたには何ができますか?」

自分にしかできないもので、自分なりの表現で、
人を笑顔にしてみてください。
世界があなたを受け入れるのを、目の当たりにするでしょう。", "CardFace": "card_13.png" }, { "TitleEN": "ROAD", "TitleJP": "道", "Message": "あなたの前に道は見えていますか?

それはまだ道と言えるものではないのかもしれません。
道は自然にできるものではありません。道をつくるのは、人です。
では、その目的はなんでしょうか?

追従する人が通りやすくするためです。

道が見えない場合は、切りひらいてみたらどうですか?
龍神は道をつくる人を空から見ています。
龍神は、勇敢に自分の道をつくる人をサポートしないわけがありません。

あなたがつくった道は、やがて多くの人がとおる道になるかもしれません。
道がないのであれば、引き返さずにつくってみてはいかがですか。", "CardFace": "card_35.png" }, { "TitleEN": "GATHERING TOGETHER", "TitleJP": "結集", "Message": "あなたはいま何かを行おうとしています。
ですが、それには人の手を借りないといけないのかもしれません。
大きなプロジェクトや目的は、一人の力だと及ばないことがあります。

いまは人々の力を結集させる時です。
喜びや悲しみを分かち合いながら、同じ目的に向かって進む時がきています。

もし周りに適任の人がいないのであれば、龍神にお願いしてみてください。
きっと、あなたがもつ目的に必要な人との縁を結んでくれます。
龍神は人と人をつなげるエキスパートです。

あなたにいま必要なことは、どういう人が必要かを知ること。
それを明確にしてみてください。", "CardFace": "card_34.png" }]]のjson文法をチェックしました

2022/12/04 06:12:07 は正規表現[[ { "tid": "s1", "ttl": "" }, [ { "c0": "準備", "c1": "ブルによる整地", "c2": "1", "c3": "2", "c4": "3", "c5": "4", "c6": "対策1", "c7": "2", "c8": "2", "c9": "3", "c10": "4", "c11": "" }, { "c0": "搬入", "c1": "敷き鉄板搬入仮置", "c2": "1", "c3": "2", "c4": "3", "c5": "4", "c6": "対策2", "c7": "2", "c8": "3", "c9": "3", "c10": "4", "c11": "" } ]]]のjson文法をチェックしました
2022/12/03 05:42:04 は正規表現[{ "View": { "ColumnFilterHash": { "ClassA": "08957" } }}]のjson文法をチェックしました
2022/12/02 12:52:23 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "内なる龍神は輝いています。あなたの龍が輝いているのを目をつぶって感じてみてください。
あなたが輝きを放つ時がきています。
いままで隠れていた輝きが、しずかな宝石のような煌めきに、あるいは太陽のような眩さをつけはじめてきています。
まわりの人はそれを感じて、集まってくるでしょう。

深呼吸をしてみてください。
吸い込んだ空気が体内で輝きに変わり、それを吐き出すことで世界が眩いゴールドになるのを想像してみてください。
あなたはゴールドを生み出す人です。", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "一歩、下がってください。
下がって、後方から龍神のもつ広い視点で世界を見渡してみてください。あなたを必要としている人はそこに見つかりますか?

龍神は人の後ろからサポートします。
龍神のように、あなたのお好きな人や、関わりのある人を後ろからサポートしてみてはいかがですか?
あなたの助けを求めている人がいます。その人たちの声を聞いてみてください。助けを上から手をさしのべるより、下から押してあげてください。「できるよ」「だいじょうぶだよ」と安心させてあげるだけであってもよいのです。
義務からでなく、思いやりから動いてみてください。
やがて、そこに何かを発見します。

前に進みたければ、後ろに退いてください。
世界はすべて逆にできていますから。", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "あなたがほしかったもの、出会いたかった人、待ち望んできたものがやってきます。自分の欲求に見合うものが見つかりしあわせな気分で満たされようとしています。

調和のとれた心はさらに調和のとれた世界を作り出します。
わたしたちを取り巻く世界は、わたしたちです。
わたしたちが作り出した世界は、わたしたちそのものです。
それに幸せを感じるとき、調和を感じます。
ではその世界に幸せを、調和を感じられないときは、変えていけばいいのです。

内側から龍神は囁きます。その声を聞いてください。
龍神が送る閃きをうけとってみてください。
内なる声に同調して、世界を変えてみてください。", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました

2022/12/02 12:49:57 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "内なる龍神は輝いています。あなたの龍が輝いているのを目をつぶって感じてみてください。
あなたが輝きを放つ時がきています。
いままで隠れていた輝きが、しずかな宝石のような煌めきに、あるいは太陽のような眩さをつけはじめてきています。
まわりの人はそれを感じて、集まってくるでしょう。

深呼吸をしてみてください。
吸い込んだ空気が体内で輝きに変わり、それを吐き出すことで世界が眩いゴールドになるのを想像してみてください。
あなたはゴールドを生み出す人です。", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テストテスト
テストテスト", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テストテスト
テストテスト", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました

2022/12/02 12:48:25 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "Aテスト

Bテスト


Cテストテスト", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テストテスト
テストテスト", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テストテスト
テストテスト", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました

2022/12/02 10:59:17 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テストテスト\nテストテスト", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テストテスト\nテストテスト", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テストテスト\nテストテスト", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:34:34 は正規表現[{ "items": [ { "id": 1, "name": "サンプルjsonです", "count": 1000 }, { "id": 2, "name": "こんな感じでjson入力して", "count": 5 } ]}]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:10:35 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "内なる龍神は輝いています。あなたの龍が輝いているのを目をつぶって感じてみてください。あなたが輝きを放つ時がきています。いままで隠れていた輝きが、しずかな宝石のような煌めきに、あるいは太陽のような眩さをつけはじめてきています。まわりの人はそれを感じて、集まってくるでしょう。深呼吸をしてみてください。吸い込んだ空気が体内で輝きに変わり、それを吐き出すことで世界が眩いゴールドになるのを想像してみてください。あなたはゴールドを生み出す人です。", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:10:00 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テキストA1テキストA2テキストA3", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:09:46 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テキストA1テキストA2テキストA3", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:07:59 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テキストA1テキストA2テキストA3", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:06:38 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テキストA1テキストA2テキストA3", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました
2022/12/01 09:05:16 は正規表現[[ { "TitleEN": "RADIANCE", "TitleJP": "輝き", "Message": "テキストA1テキストA2テキストA3", "CardFace": "card_32.png" }, { "TitleEN": "STAY BEHIND", "TitleJP": "後ろにとどまる", "Message": "テキストB1テキストB2テキストB3", "CardFace": "card_09.png" }, { "TitleEN": "ACCORD", "TitleJP": "調和", "Message": "テキストC1テキストC2テキストC3", "CardFace": "card_27.png" }]]のjson文法をチェックしました




2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2022年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30